公募班:三角 和弘

鉛直混合変動が駆動する鉄循環を介した気候・海洋生態系変動の解明

1.出版物 ・査読有論文

  1. 三角 和弘,津旨 大輔 (2017),海の研究 26(3),(掲載ページ,doi未決定,5月15日発行予定),査読有,和文,科研費番号有

 

2.共同研究の実施状況 ・大学・研究機関との共同研究

  1. 海洋モデルの高度化に関する共同研究,米国大気研究センター(National Center for Atmospheric Research)・Frank O. Bryan,H28年度(H27年度も結んでいますが,私が公募研究でOMIXに加わったのはH28年度からです),海外,契約書有

 

3.国際研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況  

 

4.国内研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況

 

5.領域に関与したポスドク・RA等・若手研究者

 1. 研究職(常勤),三角 和弘,電力中央研究所,2007年4月

 

6.受賞・招待講演・基調講演等の状況  

 

7.アウトリーチ活動の状況   

 

8.メデイア報道状況(プレスリリース・取材等の結果、報道されたもの)  

 

 9.国際学会・シンポジウム等での発表

  1. Misumi, K., T. Tsubono and D. Tsumune, Numerical modeling of iron cycle in the North Pacific, East Asia GEOTRACES Workshop, Hokkaido University, Jan. 17, 2017.

  2. Misumi, K., D. Tsumune, T. Tsubono, Revisiting sedimentary iron flux to global ocean models, 2017 CESM Ocean Modeling Working Group Meeting, National Center for Atmospheric Research, Mar. 2017.

  3. Misumi, K., T. Tsubono, D. Tsumune, T. Yoshimura, Roles of ocean mixing and iron cycling on climate and marine ecosystem variations in the western North Pacific, International    Symposium “Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem”, University of Tokyo, Mar. 16, 2017.

 


10.国内学会・シンポジウム等での発表

  1. 三角 和弘,坪野 考樹,津旨 大輔,芳村 毅,沿岸に着目した高解像度モデル 物質循環&生態系への発展,北海道大学低温科学研究所共同研究シンポジウム,北海道大学低温科学研究所,2016年7月28日.

  2. 三角 和弘,海洋の鉄循環のモデリング,OMIXサーマースクール,支笏湖休暇村,2016年9月23日.

  3. 三角 和弘,海洋鉄循環モデルの現状と課題,海洋物質循環・生態系モデリングの発展性の探索,北海道大学環境科学院,2016年11月19日.

  4. 三角 和弘,津旨 大輔,坪野 考樹,北太平洋の鉄循環モデリング,西部北太平洋の微量元素の3次元循環像構築に向けたワークショップ,北海道大学低温科学研究所,2016年11月15日.

  5. 三角 和弘,津旨 大輔,海洋鉄循環モデルの現状と課題,2016年度海洋生態系モデリングシンポジウム,東京大学大気海洋研究所,2016年11月17日.