公募班:東塚 知己

海洋混合層厚の変動が十年規模気候変動に果たす役割

1. 出版物

・査読あり雑誌論文
  1. Cronin, M. F. and Tozuka T. (2016) Steady state ocean response to wind forcing in extratropical frontal regions, Scientific Reports, 6, 28842, DOI 10.1038/srep28842

 

2.共同研究の実施状況 ・大学・研究機関との共同研究

 

3.国際研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況  

 

4.国内研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況

 

5.領域に関与したポスドク・RA等・若手研究者

 

6.受賞・招待講演・基調講演等の状況  

 

7.アウトリーチ活動の状況   

 

8.メデイア報道状況(プレスリリース・取材等の結果、報道されたもの)  

 

9.国際学会・シンポジウム等での発表

  1. Tozuka, T., H. Tomita, and M. F. Cronin, Extratropical frontal- and meso-scale air-sea interaction: Role of mixed layer depth in surface frontogenesis of the Kuroshio Extension region, CLIVAR Open Science Conference, Sep. 21, 2016, Qingdao, China.

  2. Cronin, M. F. and Tozuka T. (2016) Steady state ocean response to wind forcing in extratropical frontal regions, Meeting on Perspectives in Computational Atmosphere and Ocean Science and 8th OFES International Workshop, Mar. 14, 2017, Nagoya, Japan.

 

10.国内学会・シンポジウム等での発表

  1. Cronin, M. F., 東塚 知己, 中緯度海洋前線域の風応力に対するエクマン応答, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 2016年9月12日, 鹿児島大学.