A01-1(代表:安田)

A01-1:鉛直混合と観測手法・システム開発と広域観測

 1.出版物

・査読有論文

  1. Tanaka, T., I. Yasuda, H. Onishi, H. Ueno, and M. Masujima (2015) Observations of current and mixing around the shelf break in Pribilof Canyon in the Bering Sea, Journal of Oceanography,71,1-17, DOI 10.1007/s10872-014-0256-2 科研番号無し、物理と化学の融合論文

  2. Itoh, S., I. Yasuda, H. Saito, A. Tsuda and K. Komatsu (2015): Mixed layer depth and chlorophyll a: Profiling float observations in the Kuroshio-Oyashio Extension region, J. Mar. Sys., 151, 1-14, doi:10.1016/j.jmarsys.2015.06.004 科研番号無し

  3. 伊藤進一,有馬正和,市川雅明,青木茂,奥西武,筧茂穂,長谷川大介,和川拓,安田一郎,田中雄大,黒田寛,清水勇吾(2016) 水中グライダーによる沿岸海洋観測の可能性,沿岸海洋研究, 53(2), 125-133.  科研番号無し

  4. T. Tanaka, I. Yasuda, K. Kuma and J. Nishioka (2017): Evaluation of the biogeochemical impact of iron-rich shelf water to the Green Belt in the southeastern Bering Sea. Cont. Shelf Res., in press. http://dx.doi.org/10.1016/j.csr.2016.11.008. 査読有、英文、物理と化学の融合論文、科研費番号有

  5. M. A. Charette, P. J. Lam, M.C. Lohan, E. Y. Kwon, V. Hatje, C. Jeandel, A. M. Shiller, G. A. Cutter, A. Thomas, P. W. Boyd, W. B. Homoky, A. Milne, H. Thomas, P. S. Andersson, D. Porcelli, T. Tanaka, W. Geibert, F. Dehairs, J. Garcia-Orellana (2016): Coastal ocean and shelf-sea biogeochemical cycling of trace elements and isotopes: lessons learned from GEOTRACES. Phil. Trans. R. Soc. A., 374: 20160076. http://dx.doi.org/10.1098/rsta.2016.0076. 査読有、英文、科研費番号無 化学と物理の融合論文

  6. 井上龍一郎 (2017) 海上風による慣性振動の励起と近慣性内部重力波の海洋中への伝播に関する理論研究,海の研究(受理2017年3月21日) 査読有、和文、科研費番号有

  7. 井上龍一郎 (2017)   海上風により励起された近慣性内部重力波の背景流が存在する海洋中への伝播に関する理論研究、 海の研究(受理2017年3月21日) 査読有、和文、科研費番号有Inoue R., M. Watanabe and S. Osafune (2017) Wind-induced mixing in the North Pacific. Journal of Physical Oceanography. (accepted to JPO, 31 March 2017). 査読有、英文、科研費番号有

  8. R. Saito, I. Yasuda, K. Komatstu, H. Ishiyama, H. Ueno, H. Onishi, T. Setou and M. Shimizu (2016): Subsurface hydrographic structures and the temporal variations of Aleutian eddies. Ocean Dynamics, DOI 10.1007/s10236-016-0936-0 査読有、英文、科研費番号有 物理と生物の融合論文

  9. Y. Komuro, G. Danabasoglu, S. Marsland, X. Lin, S. Minobe, A. Pirani, T. Suzuki, I. Yasuda (2016) Workshop on the Kuroshio Current and Extension System: Theory, Observations, and Ocean Climate Modelling-The Workshop Overview and Outcomes. CLIVAR Exchanges, No.69, Vol.20(1), Aug.2016, 1-5.  査読有、英文、科研費番号無、海洋物理と気象の融合論文

  10. Yasuda, I. (2016) Variability and mixing in the Kuroshio and impact on ecosystem and climate. CLIVAR Exchanges, No.69, Vol.20(1), Aug.2016, 10-13.  査読有、英文、科研費番号無し、海洋物理と水産、気象の融合論文

  11. Y. Goto, I. Yasuda and M. Nagasawa (2016): Turbulence estimation using fast-response thermistors attached to a free-fall vertical microstructure profiler. Journal of Atmospheric and Oceanic Technology, 33, 2065-2078.  査読有、英文、科研費番号有、海洋物理学と流体力学の融合論文

 

・その他の出版物

  1. 安田一郎,月が海や気候に与える影響,現代化学,2015年1月号,36-37, 2015.

  2. 安田一郎 (2016) 新学術領域研究「海洋混合学の創設:物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明」JpGU ニュースレター, 12(2), 13-15.  査読無

  3. 安田一郎 (2016) 新学術領域研究「海洋混合学の創設:物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明」Ocean Breeze, 22, 1-4.  査読無

  4. 田中雄大、安田一郎、久万健志、西岡純、田中裕希、大西広二、上野洋路、増島雅親 (2016) 「ベーリング海南東部陸棚縁辺域での潮汐混合と溶存鉄輸送」、月刊海洋号外、58、47-55. 査読無、和文、物理と化学の融合論文、科研費番号有、物理と化学・生物の融合論文

 

2.共同研究の実施状況

・大学・研究機関との共同研究

  1. 研究課題名:北太平洋深層循環における東西経路の解明,相手先機関・氏名:気象研究所・高槻靖(H29年度から辻野博之に交代),期間:H28年(H31年3月31日まで),国内,契約書あり.

  2. 研究課題名:Physical and biogeochemical studies in the subarctic western North Pacific and east-Asian marginal seas. 相手先:ロシア極東水文気象研究所、所長 Y. Volkov 期間:2014-2018 国外、ロシア船観測について契約書あり.

 
・企業との共同研究
  1. 研究課題名:Development of deep floats with microstructure sensors, 相手先:Rockland Scientific (カナダ)・Fabian Wolk 及び 鶴見精機 雨池健一(日本)、期間:2016-2018、国内及び国外、契約書なし

 

3.国際研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況

国際研究集会名・学会名・シンポジウム名・セッション名
  1. OMIX International Workshop, 新学術領域「新海洋混合学」、2017/3/16-17 東京大学山上会館、外国人15名、日本人90名、主催

 

4.国内研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況

・研究集会名・学会名・シンポジウム名・セッション名
  1. 日本海洋学会シンポジウムD潮汐混合が強い海域を利用する海洋生物資源の変動
    開催日時:2016 年 3 月 14 日(月)9:30~18:00会場:東京大学本郷キャンパス理学部1号館 小柴ホール
    共催:一般社団法人水産海洋学会,日本海洋学会
    コンビーナー:志田修(道総研釧路水試),高橋素光(水研セ西水研),安田一郎(東大大気海洋研),伊藤進一(東大大気海洋研)
  2. 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「黒潮域における混合と栄養塩供給・生物生産へ与える影響」2017年1月19-20日東京大学大気海洋研究所

 

5.領域に関与したポスドク・RA等・若手研究者

  1. 研究職常勤、田中雄大、水産総合研究センター・東北区水産研究所、2017年4月、テヌアトラック任期付研究員、東京大学大気海洋研・特任研究員から

  2. 研究職常勤、川口悠介、東京大学大気海洋研究所・助教、2017年5月、海洋研究開発機構・研究員から

  3. 研究職常勤、李 根淙、東京大学大気海洋研究所・特任研究員、2017年5月、九州大学・応用力学研究所・テクニカルスタッフから

 

6.受賞・招待講演・基調講演等の状況

・招待講演
  1. 安田一郎 (2016) 日本周辺の潮汐混合ホットスポットと18.6年振動 水産海洋シンポジウム2016/3/14 9:50-10:15 東京大学小柴ホール

  2. Yasuda I. (2016) Ocean mixing processes: impact on biogeochemistry, climate and ecosystems. PICES annaul meeting invited presentation,

 
・基調講演
  1. Yasuda, I. (2016) KeyNote Presentation: Variability and mixing in the Kuroshio and impact on ecosystem and climate. CLIVAR/JAMSTEC Kuroshio International Symposium, Jan. 12 2016, JAMSTEC-Yokohama, Japan

 

7.アウトリーチ活動の状況

一般向け講演会

  1. 平成27年度東北ブロック水産海洋連絡会,「新測器を用いた海洋観測」という題目で新学術研究における硝酸塩乱流鉛直フラックスの高解像度計測についての取り組み等を紹介した.2015年11月24日,仙台メディアテーク,口頭発表,22名(県水試や気象台の海象担当者など)

  2. 海ロマン21定例会会合、講演者:田中雄大、期日:2016年5月13日、場所:いであ(株)

  3. 神楽坂物理Square、講演者:田中雄大、期日:2016年11月24日、場所:東京理科大学神楽坂キャンパス

 

8.メデイア報道状況(プレスリリース・取材等の結果、報道されたもの)

   なし

 

9.国際学会・シンポジウム等での発表

  1. Takahiro Tanaka, Ichiro Yasuda, Kenshi Kuma, Jun Nishioka, Vertical turbulent iron flux sustains the Green Belt along the shelf break in the southeastern Bering Sea, 18th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, Apr. 21st, 2015, Naha.

  2. Ichiro Yasuda, Masahiro Yagi and Takahiro Tanaka, Vertical structure of turbulent mixing in the Bussol’ Strait and its impact on water masses in the Okhotsk Sea and the North Pacific, AGU-Ocean Science Meeting, Feb. 22, 2016, Convention Center, New Orleans, U.S.A.

  3. Kosei KOMATSU, Yutaka HIROE, Ichiro YASUDA, and Masachika MASUJIMA, Impact of isopycnal transport of nitrate along the Kuroshio on the high productivity in the Kuroshio-Oyashio interfrontal zone, AGU-Ocean Science Meeting, Feb. 22, 2016, Convention Center, New Orleans, U.S.A.

  4. Goto Y., I. Yasuda and M. Nagasawa , Performance of microstructure measurements using fast-response thermistors attached to CTD, AGU-Ocean Science Meeting, Feb. 22, 2016, Convention Center, New Orleans, U.S.A.

  5. Takahiro Tanaka, Ichiro Yasuda, Kenshi Kuma, Jun Nishioka, “Vertical turbulent iron flux sustains the Green Belt along the shelf break in the southeastern Bering Sea”, 18th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, Apr. 21st, 2015, Naha. (口頭)

  6. Takahiro Tanaka, Ichiro Yasuda, Kenshi Kuma, Jun Nishioka, “Evaluation of the biogeochemical impact of iron-rich shelf water to the Green Belt in the southeastern Bering Sea”、JpGU、May 22nd 2016, Makuhari. (口頭)

  7. Takahiro Tanaka, Ichiro Yasuda, Jun Nishioka, Yuri N. Volkov, “Glider observation in the Bussol Strait”7th EGO Conference on autonomous ocean gliders and their applications、Sep. 26th, 2016, Southampton. (ポスター)

  8. Takahiro Tanaka, Daisuke Hasegawa, Ichiro Yasuda, Hideyuki Tsuji, Daigo Yanagimoto, Shinzo Fujio, Yasutaka Goto, Shinichi Ito, Jun Nishioka, “Preliminary report on the observations of turbulence and vertical nitrate flux in the Kuroshio through the Tokara Strait and Izu Ridge”, International Symposium “Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem”, Mar. 16th, 2017, Tokyo. (ポスター)

  9. Takahiro Tanaka, Ichiro Yasuda, Daigo Yanagimoto, Shinzo Fujio, Yasutaka Goto, Jun Nishioka, Yuri N. Volkov, “Turbulence and current observations in the Kuril Straits with underwater glider and moorings”, International Symposium “Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem”, Mar. 16th, 2017, Tokyo. (ポスター)

  10. 井上 龍一郎, 渡辺 路生, 長船 哲史, クンゼ エリック, リエン レンチー, 田中 雄大, 伊藤 進一 ,Variability of wind-induced mixing in the western North Pacific inferred from Argo floats and turbulence measurements under storms by micro-EM-APEX floats, International Symposium “Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem” 2017/03/16

  11. 井上龍一郎,中村啓彦,安田一郎,柳本大吾,田中雄大,藤尾伸三,Preliminary report on microstructure and mooring observations in the Kerama Gap, International Symposium “Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem”2017/03/16.

  12. Yasutaka Goto・Ichiro Yasuda・Maki Nagasawa, Performance of microstructure measurements using fast-response thermistors attached to a CTD-frame, The 2016 Ocean Sciences Meeting, Ernest N. Morial Convention Center in New Orleans, February 2016, Poster, peer review

  13. Vertical structure of turbulent mixing in the Bussol’ Strait and its impact on water masses in the Okhotsk Sea and the North Pacific(PO14C-2801) Ichiro Yasuda (ichiro@aori.u-tokyo.ac.jp), Masahiro Yagi, and Takahiro Tanaka  The 2016 Ocean Sciences Meeting, Ernest N. Morial Convention Center in New Orleans, February 2016, Poster, peer review

  14. Yasutaka Goto・Ichiro Yasuda・Maki Nagasawa, Availability of turbulence measurements using a microstructure profiler attached to a CTD frame, Japan Geoscience Union MEETING 2016, Makuhari Messe in Tokyo, May 2016, Poster, peer review

  15. J. Nishioka, I. Yasuda, Y. N. Volkov, A. Scherbinin BIOGEOCHEMICAL PROCESSES IN THE SEA OF OKHOTSK AND THE LINKAGES TO THE PACIFIC OCEAN PIECE8, Vladivostok

 

10.国内学会・シンポジウム等での発表

  1. 長谷川大介,安田一郎,田中雄大,後藤恭敬,硝酸塩乱流鉛直フラックスの高解像度計測に関する研究,日本海洋学会 2015年度秋季大会,2015年09月26日,愛媛大学.

  2. 田中雄大,安田一郎,西岡純,鈴木光次,小川浩史,外洋域での乱流鉛直混合に伴う物質輸送に関する観測的研究, 2015年度日本海洋学会秋季大会,2015年9月28日,愛媛大学.

  3. 齋藤 類,安田一郎,小松幸生,石山宙夢,上野洋路,アリューシャン渦のクロロフィル分布の時間変化,2015年度日本海洋学会秋季大会,2015年9月28日,愛媛大学.

  4. 後藤 恭敬,安田一郎,長澤真樹,高速水温計を用いたCTDフレーム搭載型乱流観測の有用性検証,2015年度日本海洋学会秋季大会,2015年9月28日,愛媛大学.

  5. 古川琢朗,安田 一郎,羽角博康,建部洋晶,田中祐希,気候モデル実験結果を用いた千島付近の鉛直混合18.6年周期変動に伴う北太平洋熱帯域の変動に関する解析,2015年度日本海洋学会秋季大会,2015年9月28日,愛媛大学.

  6. 小松幸生,廣江豊,安田一郎,増島雅親,黒潮親潮移行域における硝酸塩の等密度面輸送量の収支,2015年度日本水産海洋学会,2015年10月10日,釧路.

  7. 安田一郎・柳本大吾・藤尾伸三・田中雄大・後藤恭敬, AORIグループの行った観測の概要, ロシア船ワークショップ, 2015年12月10日,北大低温研(札幌).

  8. 田中雄大・安田一郎・柳本大吾・藤尾伸三・後藤恭敬, ウルップ海峡集中観測, ロシア船ワークショップ, 2015年12月10日,北大低温研(札幌).

  9. 田中雄大・安田一郎・柳本大吾・藤尾伸三・後藤恭敬, ブッソルグライダ観測, ロシア船ワークショップ, 2015年12月10日,北大低温研(札幌).

  10. 後藤恭敬・田中雄大・安田一郎・柳本大吾・藤尾伸三, ブッソル海峡集中観測、 ロシア船ワークショップ, 2015年12月10日,北大低温研(札幌).

  11. 山本龍・安田一郎・後藤恭敬・田中雄大・柳本大吾・藤尾伸三, グライダによる表層擾乱場、 ロシア船ワークショップ, 2015年12月10日,北大低温研(札幌).

  12. 柳本大吾・安田一郎・藤尾伸三・田中雄大・後藤恭敬,西部北太平洋亜寒帯海域の密度・流速・乱流場の構造, ロシア船ワークショップ, 2015年12月10日,北大低温研(札幌).

  13. 安田一郎,日本周辺の潮汐混合ホットスポットと18.6年振動,水産海洋学会シンポジウム,潮汐混合が強い海域を利用する海洋生物資源の変動,2016年 3 月 14 日,東京大学理学部1号館小柴ホール.

  14. 柳本大吾・藤尾伸三・田中雄大・後藤恭敬・安田一郎・西岡純,千島海峡部の流動と混合,OMIX全体会議,2016年3月10日,東大大気海洋研(柏).

  15. 黒野由依,中野知香,根本雅生,吉田次郎,清水勇吾,平井惇也,小埜恒夫,長谷川大介,塩本明弘,藤田知則,三宅島沖合第二大野原海丘における海洋構造の研究,2016年3月15日,ポスター発表,領域外との共同研究日本海洋学会2016年度春季大会,東京大学.

  16. 田中雄大,安田一郎,久万健志,西岡純,ベーリング海南東部陸棚域から大陸斜面域への溶存鉄輸送量の見積もり,日本海洋学会2016年度春季大会,2016年3月15日,東京.

  17. 田中雄大,安田一郎,久万健志,西岡純,ベーリング海南東部陸棚縁辺域での溶存鉄輸送過程の観測的研究,東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会,2016年3月28日,柏.

  18. 小松幸生,廣江豊,安田一郎,増島雅親,黒潮親潮移行域における硝酸塩の水平輸送量の収支(Ⅱ) , 2016年日本海洋学会春季大会,2016年3月15日,東京大学本郷キャンパス.

  19. 田中雄大、安田一郎、久万健志、西岡純、「ベーリング海南東部陸棚域から大陸斜面域への溶存鉄輸送量の見積もり」、日本海洋学会2016年度春季大会、2016年3月15日、東京. (口頭)

  20. 田中雄大、柳本大吾、安田一郎、藤尾伸三、後藤恭敬、西岡純、Yuri. N. Volkov、「ウルップ海峡での係留・乱流観測」、日本海洋学会2016年度秋季大会、2016年9月13日、鹿児島. (ポスター)

  21. 田中雄大、長谷川大介、辻英将、柳本大吾、藤尾伸三、後藤恭敬、伊藤進一、安田一郎、西岡純、「台湾からトカラ海峡および伊豆海嶺を横切る黒潮における乱流及び硝酸塩フラックス」、東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会、2017年1月19日、柏. (口頭)

  22. 藤尾伸三・柳本大吾・安田一郎・田中雄大・後藤恭敬・西岡純・Volkov Y,千島カムチャツカ海溝における深層流量の推定,2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島大学,H28年9月15日.

  23. 西岡純・安田一郎・小野数也・中村知裕・鈴木光次・渡辺豊・山下洋平・平譯享・Hongbin L.・藤尾伸三・柳本大吾・田中雄大・原田尚美・関宰・岡崎裕典・長尾誠也・井上睦夫・小畑元・田副博文・小川浩史・宗林留美・三寺史夫・江淵直人・若土正暁・Volkov Y, ロシア船を用いた親潮源流域の観測研究 – 航海の概要と親潮上流の栄養物質分布 -,2016年度日本海洋学会秋季大会,鹿児島大学,H28年9月15日.

  24. 安田一郎・田中雄大・柳本大吾・藤尾伸三・後藤恭敬・西岡純・Volkov Y,千島ブッソル海峡での乱流観測:ロシア船マルタノフスキー観測から,2016年度日本海洋学会秋季大会,鹿児島大学,H28年9月15日.

  25. 田中雄大・柳本大吾・安田一郎・藤尾伸三・後藤恭敬・西岡純・Volkov Y,ウルップ海峡での係留・乱流観測,2016年度日本海洋学会秋季大会,鹿児島大学,H28年9月15日.

  26. 井上龍一郎,Wind-induced mixing in North Pacific ,大気海洋相互作用研究会 山中湖シンポジウム ,2016/07/09.

  27. 西岡 純 安田一郎 クリル海峡における混合過程が西部北太平洋亜寒帯域の物質循環に与える影響 JpGU 2016 session AOS14-02 幕張メッセ 2016/5/22

  28. 安田一郎 ENSOと18.6年周期潮汐変動との関係 JpGU2016_OMIX_Session-AOS14-01 2016/5/22 10:45 Chiba-Makuhari

  29. 安田 一郎 ・田中雄大 ・柳本大吾 ・藤尾伸三 ・後藤恭敬 ・西岡純 ・Y.Volkov千島ブッソル海峡での乱流観測:ロシア船マルタノフスキー観測から 2016海洋学会秋季大会 鹿児島大学2016/9/14

  30. 田中雄大・柳本大吾・安田一郎・藤尾伸三・後藤恭敬・西岡純・Yuri Volkov ウルップ海峡での流速・乱流観測 2016海洋学会秋季大会 鹿児島大学2016/9/14 ポスタ

  31. 西岡 純、安田一郎、小野数也、中村知裕、鈴木光次、渡辺 豊、山下洋平、平譯 享、Hongbin LIU、藤尾伸三、柳本大吾、田中雄大、原田尚美、関 宰、岡崎裕典、長尾誠也、井上睦夫、小畑 元、田副博文、小川浩史、宗林留美、三寺史夫、江淵直人、若土正暁、Y. N. Volkov ロシア船を用いた親潮源流域の観測研究-航海の概要と親潮上流の栄養物質分布- 2016海洋学会秋季大会 鹿児島大学 2016/9/14

  32. 藤尾伸三,柳本大吾,安田一郎,田中雄大,後藤恭敬,西岡純,Y. Volkov, 千島カムチャツカ海溝における深層流量の推定, 2016海洋学会秋季大会,鹿児島大学,2016/9/13.

  33. 小松幸生,廣江 豊,・安田一郎,「黒潮Nutrient Stream:源流から続流域の構造・硝酸塩輸送・変動と生物生産へのインパクト」東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「黒潮域における混合と栄養塩供給・生物生産へ与える影響」2017年1月19-20日東京大学大気海洋研究所.

  34. 田中雄大,長谷川大介,辻英将,柳本大吾,藤尾伸三,後藤恭敬,伊藤進一,安田一郎,西岡純,「台湾からトカラ海峡および伊豆海嶺を横切る黒潮における乱流及び硝酸塩フラックス」,東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「黒潮域における混合と栄養塩供給・生物生産へ与える影響」2017年1月19-20日,東京大学大気海洋研究所.

  35. 菊地将敬,後藤恭敬,安田一郎,纐纈慎也,「2016年6月混合水域における乱流混合・硝酸塩フラックス」東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「黒潮域における混合と栄養塩供給・生物生産へ与える影響」,2017年1月19-20日,東京大学大気海洋研究所.

  36. 中村啓彦,安田一郎,「KH-16-7ケラマ海裂における観測速報」東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「黒潮域における混合と栄養塩供給・生物生産へ与える影響」,2017年1月19-20日,東京大学大気海洋研究所.

  37. 安田一郎「科研費新学術「新海洋混合学OMIX」の紹介」東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「杉の原・川辺教授記念シンポジウム」,2017年1月28日,東京大学大気海洋研究所