A01-2(代表:増田)

A01-2:大規模観測データの統合による太平洋循環の実態把握とメカニズムの解明

1.出版物

・査読有論文
  1. Toshimasa Doi, Satoshi Osafune, Nozomi Sugiura, Shinya Kouketsu, Akihiko Murata, Shuhei Masuda, and Takahiro Toyoda ( 2015) , Multi-decadal change in the dissolved inorganic carbon in a long-term ocean state estimation. Journal of Advances in Modeling Earth Systems, 7, 4, 1885-1990, DOI:10.1002/2015MS000462. 英文, 物理と化学の融合論文, 科研費記載あり(但し領域番号のみ、表記が定型外)

  2. Kouketsu, S., Osafune, S., Kumamoto, Y., and Uchida, H. (2017), Eastward salinity anomaly propagation in the intermediate layer of the North Pacific. Journal of Geophysical Research: Oceans, 2017–2033. https://doi.org/10.1002/2016JC012118. 英文, 物理と化学の融合論文, 科研費番号有(但し”JP”が抜け)

  3. Inoue, R., M. Watanabe, S. Osafune (2017), Wind-induced mixing in the North Pacific, Journal of Physical Oceanography, 47, 受理. 英文, 科研費番号有

  4. 纐纈慎也 (2017) 北太平洋の中・深層循環とその変化・変動の観測的研究, 海の研究, 受理, 26, 和文, 科研費番号有

  5. 増田周平(2017)全球規模の海洋環境再現の精緻化と鉛直混合に関する研究〜鉛直混合観測データの統合にむけて〜(海洋環境再現と鉛直混合観測データ統合), 海の研究, 26, 受理, 和文, 科研費番号有

・査読無論文
・その他の出版物

 

2.共同研究の実施状況

・大学・研究機関との共同研究
  1. 海洋鉛直混合観測データを用いた全球海洋環境再現実験、海洋研究開発機構・地球情報基盤センター・H27年度、国内、契約書なし(所属機関の特別推進課題公募に応募し実施)
・企業との共同研究

 

3.国際研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況 
        A01-2単独としては該当なし

 

4.国内研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況

 

5.領域に関与したポスドク・RA等・若手研究者

 

6.受賞・招待講演・基調講演等の状況

・招待講演
  1. Satoshi Osafune (2015), The 18.6 year modulation of localized tidal mixing as a possible cause of bidecadal variability in the North Pacific. Ecosystem Studies of Sub-Arctic Seas (ESSAS) 2016, Yokohama, 2016/03/07

  2. Shuhei Masuda, Takashi Mochizuki, Xueyuan Liu (2016), Interannual-to-pentadal climate prediction by using a four-dimensional variational coupled data assimilation system, International workshop on coupled data assimilation 2016, Toulouse, France, 2016/10/20

 

7.アウトリーチ活動の状況

・一般向け講演会・セミナー 
  1. 増田周平、土居知将、長船哲史、杉浦望実(2016)四次元変分法データ統合システムを用いた全球長期海洋環境の再現、平成27年度 地球シミュレータ利用報告会、2016/3/11

  2. 長船哲史、杉浦望実(2016)海洋鉛直混合観測データを用いた全球海洋環境再現実験、平成27年度 地球シミュレータ利用報告会(ポスター)、2016/3/11

 

・イベント参加・出展 
  1. 2017年JAMSTEC横須賀本部施設一般公開、5/13(予定)、横須賀、増田周平

 

8.メデイア報道状況(プレスリリース・取材等の結果、報道されたもの)

 

9.国際学会・シンポジウム等での発表

  1. Shuhei Masuda, Satoshi Osafune, Nozomi Sugiura, Toshimasa Doi (2016) Ocean heat content and sea level changes from an improved ocean state estimation, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 2016, 北京、2016/08/03

 

10.国内学会・シンポジウム等での発表

  1. 長船哲史、増田周平、杉浦望実、土居知将 (2016) 気候変動研究の為の長期全球海洋環境再現データセットESTOCの現状と今後の展望. 日本海洋学会春季大会 シンポジウム「海洋データ同化20年の歩みと今後の展望」2016/3/18.

  2. 長船哲史、増田周平、杉浦望実、土居知将(2016) 潮汐エネルギー分布を考慮した準全球長期海洋環境再現実験, 日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016/09/12