A04-7(代表:日比谷)

A04-7  鉛直混合の素過程の解明とその定式化

1.出版物

・査読有論文

  1. Ijichi, T., and T. Hibiya (2017), Eikonal calculations for energy transfer in the deep-ocean internal wave field near mixing hotspots, J. Phys. Oceanogr., 47, 199–210, doi:10.1175/JPO-D-16-0093.1, 科研番号無.

  2. Inazu, D., T. Waseda, T. Hibiya, and Y. Ohta (2016), Assessment of GNSS-based height of multiple ships for measuring and forecasting great tsunamis, Geosci. Lett., 3:25, doi:10.1186/s40562-016-0059-y, 科研番号無.

  3. Nishina, A., H. Nakamura, J.-H. Park, D. Hasegawa, Y. Tanaka, S. Seo, and T. Hibiya (2016), Deep ventilation in the Okinawa Trough induced by Kerama Gap overflow, J. Geophys. Res., 121, 6092–6102, doi:10.1002/2016JC011822, 科研番号有.

  4. 吉川裕、遠藤貴洋(2017), 海洋表層混合層における乱流混合に関する研究, 海の研究, 印刷中, 科研番号有.

  5. Shikata, T., G. Onitsuka, K. Abe, S. Kitatsuji, K. Yufu, Y. Yoshikawa, T. Honjo and K. Miyamura (2017), Relationships between light environment and subsurface accumulation during the daytime in the red-tide dinoflagellate Karenia mikimotoi, Marine Biology, 164:18, doi:10.1007/s00227-016-3042-4, 科研番号無.

  6. Warren, M. A., G. D. Quartly, J. D. Shutler, P. I. Miller, and Y. Yoshikawa (2016), Estimation of ocean surface currents from maximum cross correlation applied to GOCI geostationary satellite remote sensing data over the Tsushima (Korea) Straits, J. Geophys. Res., 121, 6993–7009, doi:10.1002/2016JC011814, 科研番号無.

  7. 吉川裕、鬼塚剛、紫加田知幸、油布圭、萬年隆裕 (2016), 海洋表層の乱流混合と植物プランクトン動態, 水産海洋研究, 80, 234–235, 科研番号無.

 

・査読無論文

 

・その他の出版物

 

2.共同研究の実施状況

・大学・研究機関との共同研究
  1. 吉川裕, 海面境界過程の観測, 九州大学応用力学研究所・松野健, 平成27年度, 国内, 契約書無し.

 

・企業との共同研究

 

3.国際研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況

  1. Japan Geoscience Union Meeting 2016, “Ocean Mixing Frontiers”, Japan Geoscience Union, May 22–May 26, 2016, Chiba, 参加者概数100名(日本人80名、外国人20名), 代表コンビーナ(日比谷紀之).

  2. Asia Oceania Geoscience Society 13th Annual Meeting, “Ocean Mixing Matters”, Asia Oceania Geoscience Society, July 31–August 5, 2016, Beijing, China, 参加者概数50名(日本人5名, 外国人45名), 代表コンビーナ(永井平).

  3. Asia Oceania Geoscience Society 13th Annual Meeting, “General Oceanography”, Asia Oceania Geoscience Society, July 31–August 5, 2016, Beijing, China, 参加者概数30名(日本人5名, 外国人25名), 代表コンビーナ(永井平).

  4. Japan Geoscience Union–American Geophysical Union Joint Meeting 2017, “Ocean Mixing Matters”, Japan Geoscience Union and American Geophysical Union, May 20–May 25, 2017, Chiba, 参加者概数未定, 代表コンビーナ(日比谷紀之).

  5. Asia Oceania Geoscience Society 14th Annual Meeting, “Oceanic Energy Cascade and Mixing”, Asia Oceania Geoscience Society, August 6–August 11, 2017, Singapore, 参加者概数未定, 共同コンビーナ(永井平).

  6. IAPSO-IAMAS-IAGA Joint Assembly 2017, “Turbulence, Internal Waves, and Mixing on All Scales”, IAPSO, IAGA, IAMAS, August 27–September 1, 2017, Cape Town, Republic of South Africa, 参加者概数未定, 共同コンビーナ(日比谷紀之).

 

4.国内研究集会・学会・シンポジウムの開催実施状況

  1. 2016年度日本海洋学会春季大会, 「乱流混合と物理、化学、生物過程」, 日本海洋学会, 2016年3月15日−3月17日, 東京大学, 参加者概数50名, 代表コンビーナ(吉川裕).

  2. 2016年度日本海洋学会春季大会, 「内部波の力学と海洋諸過程における役割」, 日本海洋学会, 2016年3月15日−3月17日, 東京大学, 参加者概数50名, 代表コンビーナ(丹羽淑博), 共同コンビーナ(田中祐希, 永井平).

  3. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 「『海洋混合学』物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明」, 日本地球惑星科学連合, 5月22日−5月26日, 幕張メッセ, 参加者概数70名, 代表コンビーナ(吉川裕).

  4. 2016年度日本海洋学会秋季大会, 「海洋力学全般」, 日本海洋学会, 2016年9月12日−9月14日, 鹿児島大学, 参加者概数100名, 代表コンビーナ(田中祐希).

  5. 2016年度日本海洋学会秋季大会, 「縁辺海周辺で起こる混合と西部北太平洋の物理・化学・生物過程」, 日本海洋学会, 2016年9月12日−9月14日, 鹿児島大学, 参加者概数80名, 代表コンビーナ(吉川裕).

  6. 海洋乱流の観測およびモデリング研究, 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会, 2017年1月5日−1月6日, 九州大学春日キャンパス, 参加者19名(国内18名, 国外1名), 代表コンビーナ(吉川裕).

  7. 日本地球惑星科学連合−アメリカ地球物理学連合共同大会 2017, 「海洋物理学」, 日本地球惑星科学連合・米国地球惑星科学連合, 5月20日−5月25日, 幕張メッセ, 参加者概数未定, 共同コンビーナ(吉川裕, 田中祐希).

 

5.領域に関与したポスドク・RA等・若手研究者(各年度末で39歳以下)の就職

・研究職(常勤)
  1. 大貫陽平, 九州大学応用力学研究所・助教, 2017年4月.

  2. 高橋杏, 日本学術振興会特別研究員(DC1), 2017年4月.

  3. 藤原泰, 日本学術振興会特別研究員(DC1), 2017年4月.

 

6.受賞・招待講演・基調講演等の状況

受賞
  1. 大貫陽平(D3), 2016年度理学系研究科研究奨励賞(博士)受賞, 2017年3月.

  2. 大貫陽平(D3), 日本海洋学会2016年度秋季大会「若手優秀発表賞」受賞, 2016年9月.

  3. 高橋杏(M2), 日本地球惑星科学連合2016年大会「学生優秀発表賞」受賞, 2016年5月.

  4. 大貫陽平(D3), 日本海洋学会2016年度春季大会「若手優秀発表賞」受賞, 2016年3月.

  5. 伊地知敬(D3), 2015年度理学系研究科研究奨励賞(博士)受賞, 2016年3月.

  6. 伊地知敬(D3), 2015年度笹川科学研究奨励賞受賞, 2016年3月.

  7. 藤原泰(M2), 日本海洋学会2016年度秋季大会「若手優秀発表賞」受賞, 2016年9月.

  8. 藤原泰(M2), 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻「修士論文賞」受賞, 2017年3月.

 

・招待講演
  1. 日比谷紀之: 深海アルゴフロートの全球展開による気候・生態系変動予測の高精度化, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月24日.

  2. Inazu, D., T. Waseda, and T. Hibiya: Measuring great tsunamis using GNSS-based ship height positioning and its use for early warning, 9th ACES International Workshop, Chengdu, China, August 2015.

  3. Hibiya.T: Internal waves,turbulence, and the overturning circulation of the ocean, A Symposium in honor of Walter Munk’s Centennial, Scripps Institution of Oceanography, La Jolla, May 15-17 2017

 

7.アウトリーチ活動の状況

・小・中・高向け授業・実験・実習 種名、対応者名、期日、場所
  1. 出前授業, 「月が導く深海の流れ -地球を巡る深層海流の謎への挑戦-」, 2016年6月25日, 吉祥女子中学校・高等学校.(日比谷 紀之)

  2. 出前授業, 「月が導く深海の流れ -地球を巡る深層海流の謎への挑戦-」, 2016年6月26日, 逗子開成中学校・高等学校.(日比谷 紀之)

 

8.メデイア報道状況(プレスリリース・取材等の結果、報道されたもの)

 

9.国際学会・シンポジウム等での発表

  1. Hibiya, T., T. Ijichi, and R. Robertson: The impacts of ocean bottom roughness and tidal flow amplitude on abyssal mixing, The Third Xiamen Symposium on Marine Environmental Sciences (XMAS-III), Xiamen, China, January 10, 2017.

  2. Wei, Y., W. Hao, Z. Liang, and T. Hibiya: Evidence of tidal straining and its influence on the bottom mixing in the East China Sea, Asia Oceania Geosciences Society, Beijing, China, August 4, 2016.

  3. Nagai, T., and T. Hibiya: The impacts of tidal mixing and sub-mesoscale eddies on the water-mass transformation of the Indonesian Throughflow, Asia Oceania Geosciences Society, Beijing, China, August 4, 2016.

  4. Wei, Y., Z. Liang, W. Hao, and T. Hibiya: Evidence of tidal straining and its influence on the bottom mixing in the East China Sea, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 22, 2016.

  5. Nagai, T., and T. Hibiya: Internal tides and associated vertical mixing in the Indonesian Archipelago, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 22, 2016.

  6. Tanaka, Y., T. Hibiya, and H. Sasaki: Downward lee wave radiation from Pacific tropical instability waves: A possible energy pathway to turbulent mixing, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 22, 2016.

  7. Takahashi, A., T. Hibiya, and Y. Tanaka: Dissipation processes of internal waves generated by geostrophic flows impinging on bottom topography, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 22, 2016.

  8. Hibiya, T., T. Ijichi, R. Robertson: Numerical Study of the Impacts of Ocean Bottom Roughness and Tidal Flow Amplitude on Abyssal Mixing, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 22, 2016.

  9. Ijichi, T., and T. Hibiya: Eikonal Simulations for Energy Transfer in the Deep-Ocean Internal Wave Field near Mixing Hotspots, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 22, 2016.

  10. Onuki Y., and T. Hibiya: Geography of the attenuation rates of baroclinic tidal energy estimated using wave-wave interaction theory, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 22, 2016.

  11. Tanaka, Y., T. Hibiya, and H. Sasaki: Downward lee wave radiation from tropical instability waves in the central equatorial Pacific Ocean: a possible energy pathway to turbulent mixing, 2016 Ocean Sciences Meeting, New Orleans, USA, February 24, 2016.

  12. Onuki, Y., and T. Hibiya: Estimates of the attenuation rates of baroclinic tidal energy caused by resonant interactions among internal waves based on the weak turbulence theory, 2016 Ocean Sciences Meeting, New Orleans, USA, February 23, 2016.

  13. Ijichi, T., and T. Hibiya: Eikonal simulations for the energy transfer in the deep ocean internal wave field near mixing hotspots, 2016 Ocean Sciences Meeting, New Orleans, USA, February 22, 2016.

  14. Hibiya, T., R. Robertson, and T. Takagi: Dynamical analysis of the enhanced turbulent mixing over a rough ocean bottom, 2016 Ocean Sciences Meeting, New Orleans, USA, February 22, 2016.

  15. Nagai, T., and T. Hibiya: Effects of tidally induced eddies on sporadic Kuroshio-water intrusion (kyucho), Asia Oceania Geosciences Society, Singapore, August 5, 2015.

 

10.国内学会・シンポジウム等での発表

  1. 広部智之, 丹羽淑博, 遠藤貴洋, Iyan Eka Mulia, 舘畑秀衛, 稲津大祐, 灘井章嗣, 吉田毅郎, 早稲田卓爾, 日比谷紀之: 巨大津波の検知に向けた沖合での航空機レーダーによる海面高度観測, 第26回海洋工学シンポジウム, 日本大学理工学部駿河台キャンパス, 2017年3月7日.

  2. 大貫陽平, 日比谷紀之: 統計流体力学に基づく潮汐混合パラメタリゼーションの試み, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月13日.

  3. 丹羽淑博, 佐藤俊一, 鈴木悠太, 鈴木雅之, 安永和央: 高校での海洋物理教育における数値シミュレーションの活用可能性の検討 − 数値シミュレーションで学ぶ津波, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月13日.

  4. 遠藤貴洋, 広部智之, 稲津大祐, 早稲田卓爾, 田島芳満, 日比谷紀之: 湾水振動のモード減衰率とQ値との関係, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月12日.

  5. 福澤克俊, 日比谷紀之: 枕崎湾におけるあびき現象の発生機構 – 沖合陸棚上での振幅増幅過程に関する考察 -, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月12日.

  6. 永井平, 日比谷紀之: 豊後水道における急潮現象の物理機構, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月12日.

  7. 稲津大祐, 早稲田卓爾, 日比谷紀之, 太田雄策: 多数の船舶によるGNSS海面高度測位による巨大津波の波源の逆解析と即時予測利用の可能性, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月25日.

  8. 田中祐希, 日比谷紀之: 黒潮大蛇行を引き起こす傾圧不安定の発達に膠州海山が果たす役割, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月23日.

  9. 大貫陽平, 日比谷紀之: Parametric Subharmonic Instability の統一理論, 2016年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2016年3月16日.

  10. 高橋杏, 日比谷紀之, 田中祐希: 南大洋の深層における乱流散逸過程に関する数値実験, 2016年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2016年3月16日.

  11. 永井平, 日比谷紀之: 非静力学モデルを用いて確認されたインドネシア通過流 Eastern route の水塊変成過程, 2016年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2016年3月16日.

  12. 稲津大祐, 早稲田卓爾, 日比谷紀之, 太田雄策: 船舶高度測位による巨大津波の波源の逆解析, 2016年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2016年3月15日.

  13. 遠藤貴洋, 稲津大祐, 早稲田卓爾, 田島芳満, 日比谷紀之: 津波来襲時における湾水振動の動的応答特性に関する考察, 2016年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2016年3月15日.

  14. 遠藤貴洋, 稲津大祐, 早稲田卓爾, 田島芳満, 日比谷紀之: Quality factorを用いた津波に対する湾水応答特性分類の試み, 東京大学地震研究所共同利用研究集会「巨大津波災害に関する合同研究集会」, 東京, 2015年12月.

  15. 仁科文子, 中村啓彦, 朴在勲, 長谷川大介, 日比谷紀之, 田中祐希: ケラマギャップのBottom Overflowによる鉛直混合, 2015年度日本海洋学会秋季大会, 松山, 2015年9月29日.

  16. 福澤克俊, 日比谷紀之: 枕崎湾のあびき現象の発生機構 −沖合陸棚上での固有振動についての考察−, 2015年度日本海洋学会秋季大会, 松山, 2015年9月28日.

  17. 遠藤貴洋, 稲津大祐, 早稲田卓爾, 田島芳満, 日比谷紀之: 津波に対する湾水応答特性のマッピングに向けて, 2015年度日本海洋学会秋季大会, 松山, 2015年9月28日.

  18. 伊地知敬, 日比谷紀之: アイコナール計算による乱流パラメタリゼーションの有効性の検証, 2015年度日本海洋学会秋季大会, 松山, 2015年9月28日.

  19. 吉川裕, 馬場康之, 水谷英朗, 久保輝広: ラングミュア乱流の観測, 平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会, 2017年2月22日.

  20. 牛島悠介, 吉川裕: 熱フラックスの日周変動が海面加熱期の混合層深度に与える影響に関する研究, 海洋乱流の観測およびモデリング研究, 九州大学応用力学研究所, 2017年1月5日.

  21. 萬年隆裕, 吉川裕: 海洋混合層における粒子の平均沈降速度に関する数値実験, 海洋乱流の観測およびモデリング研究, 九州大学応用力学研究所, 2017年1月6日.

  22. 吉川裕: 海洋の乱流と赤潮, 赤潮の予測に向けた観測とモデリング, 愛媛大学, 2016年11月24日.

  23. 藤原泰, 吉川裕, 松村義正: 深水波の直接数値計算:CL2機構によるLangmuir循環, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月13日.

  24. 牛島悠介, 吉川裕: 熱フラックスの日周変動が海面加熱期の混合層深度に与える影響−緯度依存性に着目して−, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月13日.

  25. 萬年隆裕, 吉川裕: 海洋混合層における粒子の沈降速度に関する数値実験, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島, 2016年9月13日.

  26. 吉川裕: 対馬海峡における鉛直混合過程, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 札幌, 2016年6月30日.

  27. 吉川裕, 浅海乱流中の懸濁粒子の振る舞いに関する数値実験(その2), 東シナ海の循環と混合に関する研究, 福岡, 2016年6月11日.

  28. 吉川裕, 萬年隆裕: Numerical investigation on effects of ocean surface turbulence on particle’s sinking, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月22日.

  29. 牛島悠介, 吉川 裕: The effect of diurnal cycle of surface heat flux on the temperature structure in the ocean surface boundary layer, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月22日.

  30. 藤原泰, 吉川裕: The effect of diurnal cycle of surface heat flux on the temperature structure in the ocean surface boundary layer, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月23日.