見延 庄士郎

北太平洋大気20年振動の起源と潮汐18.6年周期変調の影響

研究概要

 北太平洋の大気海洋には顕著な20年振動が存在していることが提案されている.しかし大気の20年振動が生じるメカニズムは未解決の課題である.主要な仮説には海洋から大気へのフィードバックが重要な潮汐混合仮説と遅延振動仮説,そして海洋から大気へのフィードバックを必要としない気候ノイズ仮説がある.そこで本研究では,第一に北太平洋における大気の20年振動の起源はなにかという問いに答えるべく,特に海洋から大気への寄与とテレコネクションに注目して,最先端の大規模大気アンサンブル実験結果の解析を行う.
 また海洋については,潮汐18.6年変調が西部亜寒帯太平洋やベーリング海亜表層の溶存酸素などに影響することが報告されているが,特定の領域について調べられただけで,他の領域で同様の変動が生じているかどうかは不明である.そこで,潮汐混合18.6年周期変動はどこでどのように溶存酸素に影響するのかをより広範囲で明らかにするべく,溶存酸素変動の網羅的解析を行う.
 本研究は全体として,潮汐18.6年周期混合に関わる気候・海洋・生態系に関して重要な貢献することを目指す.

 


 

 

研究代表者:
見延 庄士郎1,2
1. 北海道大学・大学院理学研究院
2. 北海道大学・大学院理学院

https://www.sci.hokudai.ac.jp/grp/poc/top/

 


研究協力者:阿部 佑美,北海道大学・理学部